• フクロモモンガブログ(浦和店)
  • フクロモモンガブログ(浦和店)
  • フクロモモンガブログ(浦和店)
  • フクロモモンガブログ(浦和店)
  • フクロモモンガブログ(浦和店スタッフブログ)
  • フクロモモンガのブログ(浦和店STAFFブログ)
  • フクロモモンガのブログ(浦和店STAFFブログ)
  • Photos in this category :飼育の方法・コツ

    みなさん、こんにちは!!

    浦和店の金子です(-^^-)ノ

    今まで風邪でダウンしていたイリスさんが帰ってきましたよ~~♪
    (イリス復帰の巻)

     イリス

    イリス:「はふぅ~やっと復帰ですッ!!」

    金:「具合はもう大丈夫なのかな??

    イリス
    イリス:「体調を崩していた間は、飼い主さんからオーガニックポレンビ
         もらったおかげですぐに治りましたです~♪」

    オーガニックポレンビーって??

    オーガニックポレンビーとは、zicra agitoさんから出ているフクロモモンガ専用の
    サプリメントの1つです。(モモンガに限らず、他の小動物に与えることもOK!)

    蜂が集めた花粉を固めたもので、ローヤルゼリーの素となるものです!!
    免疫力を高める効果があり、普段からの体力作りや丈夫な身体作りの他にも、
    病中病後にもオススメできるサプリメントです!!

    イリス
    イリス:「良い二オイがします~~!!」

    金:「イリスもポレンビーのおかげで治ってよかったね^^」

    フクロモモンガ
    もぐもぐもぐ・・・

    牡丹:「かすかに甘いっ・・・!!」

    いつものゴハンの上からふりかけてあげるも良し!
    お湯などに溶かしてからあげても良し!!

    オールマイティサプリメントです!!
    是非、お試しあれッ!!!

    ★おまけ画像★

    フクロモモンガ
    小さいうちからの栄養補給も大切ね!

    Filed under:ニュース,有袋類,飼育の方法・コツ |
    2011年2月26日

    皆さんこんにちは(^-^)ノ浦和店の山田です!!。

    2011022601.JPG
    いきなりの写真ですが↑こちらは今日から完全復帰いたしました!松村店長(D)作成のフクロモモンガの平均体重のPOPです。
    ※武者修行に行ったおかげで可愛い絵が描けるようになりましたね。(笑)

    さてさて!今回は前回の予告通りに、「食フードについてお話ししていきたいと思います。

    今回もイリス体調不良の為、代役としてスタッフ塚田の飼っている「牡丹ちゃん」にお手伝い頂きたいと思います!!

    山:「牡丹ちゃんよろしくね!!」

    牡:「はい。頑張りますぅ。。」

    塚田牡丹
    2011022602.JPG

    始めの方のブログでも金星人(金子)からお話があったのですが、浦和店で与えているご飯は二種類くらいのフルーツと食虫目フードをミックスして与えています。

    牡:「何故?モグモグ
    食虫目フードもまぜまぜするですか?コオロギも美味しいのに…な。」
    2011022604.JPG
     

    :「それは・・・コオロギのお話しでも出てきましたが、フクロモモンガは野生下での食事の中で3割程度は昆虫を食べて生活しています。食虫目フードはそんな虫を食べる動物たちの為に作られたフードなのです!!

    以前お話しした栄養素でキチン質が出てきましたが、その重要なキチン質を擬似的に再現しています。

    たんぱく質を摂取するだけなら他のフードでも代用できますが、出来ればより野性下で摂取している栄養に近い栄養を摂るためにも食虫目フードをプラスするのもオススメですよ!!


    牡:「なるほど!コオロギが苦手なパパとママでも安心してあげられるね!」

    山:「ヒソヒソ…春には各メーカーさんからフクロモモンガ専用のフードが発売される事なので要チェックですねぇ~。」

    20110226031.JPG
    牡:「はい!現場の塚田牡丹です!皆さん!こちらがMAZURIの食虫目フードですよ♪」

      (左は300g右は1.36kg)」

    :「モモンガちゃん飼いには必須アイテムかも?!
    以上で本日のモモブロを終わらせて頂きます~♪


    本日の「食中目フード」はいかがでしたでしょうか?」

    ☆おまけ画像☆
    2011022605.JPG
    「ゼリーおいしぃ~♪じゃバイビ~」 by松村ブビオ&ブビブビ夫妻


    次回のモモブロは・・・「モモンガの保定方法について」です!!
    爪切りや健康チェック
    の際に役立つと思いますので要CHECK!!
    それではまた明日、お会いしましょう!!




    Greased Lightbox

    +



    読み込み中

    クリックでキャンセルします



    画像が存在しません

     



    Filed under:Pretty,ニュース,有袋類,飼育の方法・コツ |
    2011年2月25日

    はい、こんばんは!浦和店の金子です(´∀`)ノ
    今日は春一番が吹き、暖かい陽気に見舞われましたね♪

    はーるよ来い!はーるよ来い!!

    はい、昨日も告知した通り、本日のモモブロは
    ベビーの誕生~離乳」までについてご説明しようと思います!!

    毎回モモブロで活躍している、助手のイリスちゃんは、本日体調不良のため
    欠席となりますので進行役は金子のみでお送り致します(^^)ノ★☆

    まず、フクロモモンガという名の通り、女の子はお腹に袋(育児嚢)を持って
    います。まず、その袋にズーーーームアップッ!!

    フクロモモンガフクロモモンガ
    協賛:塚田牡丹(♀)           協賛:松村ブビブビ(♀)

    さすが、ブビブビさん、出産経験もある為、袋が分かりやすいですね^^

    繁殖をする際、ペアリングをし、その後広めのケージにて飼育をします。

    フクロモモンガ

    寝床は雌雄共に入れるものを用意しましょう!

    男の子は生後12~14ヶ月、女の子は8~12ヶ月頃に性成熟を向かえ
    繁殖可能になり、季節発情で約29日周期で発情が起こります。

    フクロモモンガ
    (ブビブビJr達!!)

     妊娠後、約10~15日で出産し、産まれてきた目の開いていない状態でも
    母親が袋(育児嚢)までの道のりを舐めて作り、子供はその匂いを頼りに袋に
    向かいます!!

    産まれたては・・・↓↓↓

    ピンクマウスストラップ
    リアル画像がないため、今回は分かりやすく、ピンクマウスストラップになりますが
    産まれたては毛も生えておらず、このストラップのような状態でも自力でお母さんの
    袋に向かうのは立派ですね^^(実際はこのストラップの頭分程度のサイズです。)

    フクロモモンガ

    産まれてから20~30日の期間を隔て、袋から出てくるようになり、自発的に
    ゴハンを食べれるようになったら離乳させることもできますが、その時期に
    なる前までは極力、人の匂いをベビーに付けないよう注意しましょう!!

    フクロモモンガ

    1回の出産でだいたい1~2匹(双子ちゃんが多いです^^)ほど産まれて
    きますので繁殖は計画的に行いましょう!!(笑)

    可愛い赤ちゃんを見れるのは感動がありますが、むやみに繁殖をさせると
    母体にも影響がありますので最低でも年に2回、春先と秋口程度に留め
    ることをオススメします^^♪

    簡単ではありますが、本日のモモブロ「誕生~離乳まで」でした☆
    いかがでしたでしょうか??

    もっと詳しく聞きたい!!という方は直接スタッフまで聞いてくださいね^^

    次回のモモブロは・・・

    食虫目フードについて」をお送り致します!!
    明日のモモブロも乞うご期待♪

    それではまた明日お会いしましょう^^ノシ

    Filed under:Pretty,ニュース,有袋類,飼育の方法・コツ |
    2011年2月24日

    はい、こんばんは!!
    浦和店の金子です(´∀`)♪

    本日の「モモブロ」は、ベビーと大人の飼育の違いについて語ります!!

    さっそく現場にいる、イリスちゃんにリポートをしたいと思います!

    金:「現場のイリスさ~ん!!」

    フクロモモンガ
    イリス:「は~いっ!!現場のイリスです!今はベビーの飼育ケースの前に
         来ています!プラケースの中には暖かそうな寝床がありましゅ!!」

    金:「寝床とは一体どんなものが入ってるんですか??」

     フクロモモンガ
    イリス:「まるでどら焼きの中で寝ているみたいで可愛いですね!!」

    商品詳細はこちら↓↓↓
    フクロモモンガ
    可愛いどら焼きモチーフの寝床です^^有袋類たるもの、寝場所は袋?!(笑)

    では、引き続き、大人の住居に移動したイリスちゃんにリポートをお願いしましょう!

    金:「イリスちゃ~~ん!!」

    フクロモモンガ
    イリス:「はーいっ!!こちらイリスです!今回もまたブビ夫さん邸にお邪魔しに
         やってまいりました。こちらは通気性の良い網ケージを使用してます」

    金:「なるほど~大人になるとそういった飼育ケージに切り替わるんですね^^」

    イリスとのレポートごっこはここまでにして詳しくお話しましょう。

    まず、フクロモモンガの赤ちゃんは生まれてから45~60日の期間を隔てお母さん
    の袋(育児嚢)から出てきます。その時期は特に寒さには弱く、最低の温度でも
    25℃以上をキープし、暖かい場所で28℃を目安にするために、あまり大きいケース
    を使用せず、保温率の高いプラケース等で管理する方がオススメです(^^)

    イリス:「なるほど~だからお店のベビーちゃん飼育セットはプラケース
         なんですね^^」

    生後半年~7ヶ月、身体がしっかりとするまではプラケース等で管理し、7ヶ月以降
    にはブビ夫邸のような高さのある飼育ケージに移すのが良いでしょう。

    半年~7ヶ月に差し掛かると動きが更に活発になり夕方から夜間にかけて、
    ケージ内で活動しているので充分に動けるスペースを設けるとGOOD★

    それでも本来はオーストラリア・ニューギニア・インドネシアなどの暖かい場所に生息している動物なので冬場の保温は
    大人になっても必要なので、夜用保温球(爬虫類用でOK)を用いることを推奨します!!

     フクロモモンガ
    大人になったら寝床はケージ内の上に設置できるようなものを使うと良いですね!
    今はモモンガちゃんグッズも増えているので選べる楽しみも増えました(^∀^)v

    フクロモモンガ
    イリス:「そういえば、さっきブビ夫さん邸にて、赤ちゃんの写真を撮ってきた
         んですよ~^^」

    金:「あらあら~!可愛く育ってるねぇ^^」

    フクロモモンg
    「ママ~!」

    こんなに大きくなってもまだまだ甘えん坊ですね^^

    今回の「ベビーと大人の飼育の違いについて」いかがでしたでしょうか??
    次回は赤ちゃんの誕生~離乳までのお話をしたいと思います。
    普段は生後2~3ヶ月のベビーが店頭にいてお迎えされるケースが多いですが
    繁殖を考えている方などには必須?!(笑)

    明日のモモブロもお楽しみに♪♪

    Filed under:ニュース,有袋類,飼育の方法・コツ |
    2011年2月23日

    皆さんこんばんは(^^)ノ浦和店の山田です。

    今日のモモブロはオスメスの見分け方についてお話ししたいと思います。
    (分かりやすいのでお店にいるスタッフのモモンガを例に。。。)
    イリス:「はーい。今日は私も大好きなブビブビちゃん(メス)とブビオさん(オス)の
    お宅にお邪魔したいと思います!」
    2011022304.JPG

    こんこんっ(ノック音)・・・横山ノックじゃないよ。
    イリス「こんにちは~。ブビオさん ブビブビちゃん」

    ↓ブビオ♂
    2011022302.JPG 
    ブビオ「ほいッ?」


    ↓ブビブビ♀
    2011022303.JPG
    ブビブビ「あらっイリスちゃん 。」 

     
    山:ブビオさんの顔を見て頂ければ一目瞭然ですが、フクロモモンガの男の子は
    性成熟を迎えると、頭の臭腺が発達し毛が抜けたように見えます。臭腺は胸にもあり、
    発情期になるとオスは気に入ったメスに対して、頭や胸をスリスリして自分の匂いを
    つけようとします。
    2011022305.JPG

    メスは、以前も紹介した通り(まだ見てない方は要チェック!!)小さくてもお腹にフクロを持っているので、オス・メスを見分けるのは簡単ですね☆
    イリス「ほら!ブビブビちゃんにはちゃんと袋ついてるよ」
    2011022301.JPG

    ご協力ありがとう。ブビオ&ブビブビ(人´∀`).☆.。.:*
    では、今日はこの辺で☆
    次回の・・・「モモブロ」は
            
    「ベビーと大人のフクロモモンガの飼育方法の違い。」
                            
             のお話しをしたいと思います♪♪

    イリスのつぶやき・・・・
    「そういえば最近、私の飼い主さん・・・髪の毛のこと気にしてたけど、それはハゲじゃないんだ!・・・って励ましてあげなきゃ。」

    2011022306.JPG
    バイちゃ

    Filed under:ニュース,有袋類,飼育の方法・コツ |
    2011年2月22日

    皆さんこんにちは(^^)ノ山田です!!
    本日は予告ありました通り,、ご飯で与えるコオロギについてお話しさせて頂きたいと思います。

    ではイリスよろしくね!!

    イリス:「はーい。私も大好物のコオロギの取材に行ってきます。」
    2011022105.JPG

    「うわー(^ー^)/こんなにたくさんのコオロギ~美味しそうです!

     2011022103.JPG
    ↑↑↑
    通常、お店ではこんな感じで生きたコオロギをストックしており、もちろんコオロギにも餌を与えて栄養満点にしています。

    イリス:「食べてもいいですか?」
    山:「いいけど…取材は??」

    現在、お店では週に2~3回、一度に3、4匹程度のコオロギを頭を潰して(動きを止めるため)いつものごはんに混ぜて与えています。
    理由は、自然下でのフクロモモンガは果物や樹液、樹皮以外にも食事の中で3割程度は昆虫を食べて生活していますので、当然のごとく飼育下で昆虫類は与えた方が良いのです。

    カルシウムたんぱく質豊富にとれて、昆虫を食べる生き物にとって非常に重要なキチン質を摂取出来るのです。

    ※キチン質は昆虫や甲殻類の外殻に含まれ、摂取することにより免疫力アップ、アレルギー抑止や肥満防止、などの様々な効果があり、最近では人間用でもサプリメントとして販売されています※


    イリス:「それになんといっても、私たちはほとんどの子がコオロギが大好物なのです●^^●

    山:「そうそう三ヶ月くらいの可愛い顔した子でも、美味しそうにボリボリ食べてますよ~。」
    2011022101.JPG

    きっとこのブログを読んで下さっている方の中にはコオロギは絶対むり!!っという方が多いと思いますが、それが不思議とどの飼い主様も与えられるようになりますので、そんな方は是非スタッフまでご相談ください(笑)

    生きているコオロギが苦手な方には解凍してそのまま与えられる冷凍コオロギも用意しています!!!

    それではまた明日^^

    201022102.JPG←コオロギおいしいね

    Filed under:有袋類,飼育の方法・コツ |
    2011年2月20日

    はい、こんにちは!!
    浦和店の金子です~(^^)ノ

    新しく仲間に加わった、モモンガのイリスちゃんとモモンガブログ略して
    モモブロ」を更新して行きたいと思います!!!

    昨日はモモンガちゃんの食性その①である、ミルクについて紹介させて頂きました
    ので今日はメイン食についてご説明したいと思います^^

    イリス:「ここのモモンガちゃんたちは何を食べているんですか??」
       フクロモモンガ餌フクロモモンガ餌

    金:「浦和店では、りんご・バナナに食虫目フード、新世界サルフードを混ぜ、
       上から仕上げにネクトン・モモンガをふりかけて与えているのです!!」
    フクロモモンガ餌
    出来上がったフードを見てるイリス&牡丹(♀)

    イリス:「なるほど~こんなゴハンなんですねぇ、食べやすいように一口サイズに
         カットしてあるんですねっ!!」

    使用している果物は、年中スーパー等で購入できるもので良いと思います。
    稀に「うちの子〇〇〇しか食べないんです・・・。」なんていうお困りの声を頂く
    こともありますので変わったものはおやつ程度に留め、メインは果物を与えましょう!

                        

    好き嫌いをなくす為に、前回のブログで紹介させて頂いたネクトンモモンガを上から
    かけることによって、偏食をなくすことも出来ますのでオススメ度200%です!!

    あとはモモンガ飼育の難関(?)とも言える、コオロギについてですが、こちらは次回の
    ブログにて詳しく紹介させて頂きますね^^

    イリス:「モモンガちゃん飼育の道は続くぅ~♪」

                       フクロモモンガ
    お客様宅のモコちゃんの画像でお別れです!!

           

    ☆次回予告☆

    次回はモモンガちゃんに与えているコオロギについてです。
    乞うご期待!!それではまた明日、お会いしましょう!!!


    動物プロダクション

    ペポカ ペポカ残高照会はこちら
    移動動物園やってます!



    スタッフブログ
    本店
    吉祥寺店
    立川店
    動物プロダクション

    プロダクション
    メディア掲載情報




    LINE@ 友だち募集中!